カテゴリー別アーカイブ: HTML Media Capture

HTML Media Capture

HTML Media Captureとは, <input type=”file”>を拡張機能のようなもので, ファイルシステムからファイルを取得するのではなく, カメラやマイクといったデバイスからファイルを取得できる.

使い方はとても簡単です.

<!-- カメラから取得 -->
<input accept="image/*" type="file" capture="camera" />
<!-- マイクから取得 -->
<input accept="audio/*" type="file" capture="microphone" />

ポイントは, accept属性にMIMEタイプを指定することと, capture属性を4つの値 (camera, microphone, camcorder, filesystem)のどれかに指定することです.

また, 取得したファイルは, 通常のファイルと同じオブジェクトとして扱えます (すなわち, Blobを継承したFileオブジェクト).

FileReaderオブジェクトと併用していろいろ面白いことができるでしょう.

ブラウザとデバイスを簡単に連携させる素晴らしいAPIですが, 残念ながら, デスクトップのブラウザでは実装されていないようです.

Androidで動作確認はできました.

ちなみに, 対応していない場合は, 通常のファイル選択のダイアログになるだけなので安心してください.