カテゴリー別アーカイブ: npm

Mac OS XにpkgでインストールしたNode.jsをアンインストールする手順

1. Uninstall Node.js

以下のスクリプトを実行します.

lsbom -f -l -s -pf /var/db/receipts/org.nodejs.node.pkg.bom \
| while read i; do
  sudo rm /usr/local/${i}
done
sudo rm -rf /usr/local/lib/node \
     /usr/local/lib/node_modules \
     /var/db/receipts/org.nodejs.*

2. Uninstall npm

sudo rm -rf ~/.npm

以上で完了です. あとは, nodebrewなどを利用しましょう.

npm install でのエラー

npm installで以下のようなエラーが出た場合の対処法

npm WARN locking Error: EACCES, open '/ホームディレクトリ/.npm/_locks/xsound-263d68595b18b348.lock'
npm WARN locking     at Error (native)
npm WARN locking  /ホームディレクトリ/.npm/_locks/xsound-263d68595b18b348.lock failed { [Error: EACCES, open '/ホームディレクトリ/.npm/_locks/xsound-263d68595b18b348.lock']
npm WARN locking   errno: -13,
npm WARN locking   code: 'EACCES',
npm WARN locking   path: '/ホームディレクトリ/.npm/_locks/xsound-263d68595b18b348.lock' }
npm ERR! Darwin 13.4.0
npm ERR! argv "node" "/usr/local/bin/npm" "install" "xsound"
npm ERR! node v0.12.1
npm ERR! npm  v2.7.3

npm ERR! Attempt to unlock /インストールディレクトリ, which hasn't been locked
npm ERR! 
npm ERR! If you need help, you may report this error at:
npm ERR!     <https://github.com/npm/npm/issues>

npm ERR! Please include the following file with any support request:
npm ERR!     /インストールディレクトリ/npm-debug.log
$ npm cache clean

これで解決するみたいです (参考).

npm publishでのエラー

npm publishでは, nodeやnpmのバージョンが古いと,

(node) warning: Recursive process.nextTick detected. This will break in the next version of node. Please use setImmediate for recursive deferral.

といったエラーが出てしまいます (出てしまいました…).

その場合は, nodeコマンドやnpmをアップデートすると解決します.

nodeのアップデート

$ sudo npm cache clean (-f)  //Macのローカルだと -fは不必要っぽかったです.
$ sudo npm install -g n
$ sudo n --latest  //最新版のバージョンを表示
$ sudo n --stable  //安定板のバージョンを表示
$ sudo n latest     //最新版の場合. 安定板であればstable

npmのアップデート

$ sudo npm install -g npm

参考

npmでモジュールを公開する

1. npmのユーザー登録

以下のコマンドでユーザー名やパスワード, メールアドレスを登録する

$ npm adduser

2. package.jsonの作成

手作業で0から作成してもOKですが, npm initコマンドを利用すると, 対話形式で作成できます.

$ npm init

3. 公開

作成したpackage.jsonのあるディレクトリで,

$ npm publish

で, 公開することができます.

ただし, モジュール名が重複している場合は公開できないので,
あらかじめ公開されていないモジュール名かどうかをこちらでチェックしておきましょう.

npmでNode.jsをアップデート

Node.jsでメール送信するためのモジュールであるnodemailerをインストールする必要がありますが, インストールするためにはNode.jsのバージョンが 0.10 以上でないといけなかったので, npmを利用してNode.jsをアップデートしました.

そのコマンドを備忘録として残しておきます.

$ sudo npm cache clean (-f)  //Macのローカルだと -fは不必要っぽかったです.
$ sudo npm install -g n
$ sudo n --latest  //最新版のバージョンを表示
$ sudo n --stable  //安定板のバージョンを表示
$ sudo n latest     //最新版の場合. 安定板であればstable
$ node -v
0.11.13  //現時点での最新版のバージョンっぽいです.

ちなみに, node-ninjaでは同じように試しましたが, アップデートができず, nodemailerのインストールもできませんでした….

何か別の方法があるのでしょうか … ?

Node.js & npm のインストール

ポートフォリオとして公開している, Web Audio API を利用したアプリケーションのユーザ登録して, ユーザごとのパッチ (サウンドセッティング)を保存できるシステムをNode.js + MongoDBで作成しようと, 以前から構想していたのをようやく着手.

というわけで, 既にNode.jsはインストールしていましたが, 備忘録として, インストール方法をメモっておきます.

もっともメモするほどのことではないかもしれませんが…

1. node.jsのダウンロードサイトで対応するインストーラーをダウンロード

node.js downloads
node.js downloads

ちなみに, 自分の環境はMac OS Xです.

2 . ダウンロードしたインストーラーを起動

node.js インストーラー
node.js インストーラー

特に, 選択肢とかもないので, 順々に進んでいけば完了です.

3. インストールの確認

$ node -v

上記のコマンドで, バージョンが表示されていればインストール完了です.

また, Node.jsのインストールと同時に, Node.jsのモジュールをインストールするためのnpm (Node Package Manager) もインストールされます.

$ npm -v

nodeコマンドと同様にバージョンが表示されていればOKです.

これだけで完了です !!