カテゴリー別アーカイブ: AngularJS

AngularJS $httpサービスでのクロスオリジン通信

昨日の記事で, XMLHttpRequest Level 2を利用したクロスオリジン通信を記載しましたが, その方法はAngularJSでのクロスオリジン通信にも使えます.

ただし, Cookieを送信するために, 直接XMLHttpRequestインスタンスにアクセスすることはできないので, $httpサービスのオプションで指定します.

こんな感じです.

 $http({
     // ....,
     withCredentials : true,
     // ....
}).success(function(data, status, headers, config) {
     // do something ....
}).error(function(data, status, headers, config) {
     // do something ....
});

サーバーが返すレスポンスは昨日の記事で記載したままでOKです.

ただし, Ajaxを表すヘッダー, つまり, X-Requested-With: XMLHttpRequest を指定すると, クロスオリジン通信ができなくなるので注意してください.

$http({
     // ....,
     withCredentials : true,
     // ....,
     headers : {
          // いらない
          'X-Requested-With' : 'XMLHttpRequest'
     }
}).success(function(data, status, headers, config) {
     // do something ....
}).error(function(data, status, headers, config) {
     // do something ....
});

AngularJS カスタムサービスの作成 2

昨日の記事で, valueとconstantによるカスタムサービスの作成について記載しましたが, valueとconstantは他のサービスがインジェクションできないという制限がありました.

他のサービスをインジェクトしたサービスを作成したい場合は, (Moduleインスタンスの) factoryかserviceメソッドを利用します.

valueとconstantと同様, factoryとserviceの使い分けはと言いますと, ずばり, プリミティブ型 (数値, 文字列, 配列, プレインオブジェクト) を共通のサービスとして利用したい場合はfactoryメソッドを, クラス (コンストラクタ関数) をサービスとして利用したい場合はserviceメソッドを利用します.

var app = angular.module('app', []);

// factoryはプリミティブ型の登録が可能
app.factory('factoryService', ['$http', function($http) {
    var text = '';

    $http.get('sample.txt')
              .succes(function(data) {
                  text = data;
              });

    // 戻り値がサービスとして登録される
    return text;
}]);

angular.service('serviceClass', ['factoryService', function(factoryService) {
    this.model = factoryService;

     this.getModel = function() {
          return this.model;
     }
}]);

// カスタムサービスのインジェクション
angular.controller('Controller', ['$scope', 'serviceClass', function($scope, serviceClass) {
    // インスタンス化してインジェクションされる
    // シングルトンなので, インジェクションしたすべてのコントローラーやディレクティブで共通して参照される
    console.log(serviceClass.getModel());
}]);

AngularJS カスタムサービスの作成

AngularJSでカスタムサービス, つまり, コントローラーやディレクティブで共通に利用したい, 値や関数, オブジェクトを作成するためには, Moduleインスタンス (angular.moduleメソッドの戻り値) の以下のメソッドを利用します.

  • value
  • constant
  • factory
  • service
  • provider

この記事では,  最も単純なvalueとconstantについてまとめておきます.

valueとconstantの使いどころとしては, 他のサービスをインジェクションする必要がない場合です (逆の視点で表現すると, この2つのメソッドには他のサービスをインジェクションすることができません).

では, valueとconstantの使い分けは ? というのは, 登録したカスタムサービスをModule.configメソッドでも利用した場合は, constantメソッドを, そうでなければvalueメソッドを利用します.

Module.configメソッドは, 主に, 標準サービスのコンフィグレーションをするためのメソッドです. そのため, サービスのインスタンスが生成される前に呼び出されるメソッドなので, インジェクション可能なサービスが限定されるからです.

最後に, 利用例を記述しておきます.

var app = angular.module('app', []);

// 関数をサービスとして登録
// Module.configメソッド以外であればインジェクション可能
app.value('commonService', function() {
    return 'value';
});

// プレインオブジェクトをサービスとして登録
// Modue.configメソッドにもインジェクション可能
app.constant('options', {a : 'a', b : 'b});

// カスタムサービスのインジェクション
app.config(['options', function(options) {
    var a = options.a;  // -> 'a'
    var b = options.b;  // -> 'b'
}]);

app.controller('Controller', ['$sope', 'commonService', 'options', function($scope, commonService, options) {
     var r = commonService(); // -> 'value'
     var a = options.a; // -> 'a'
     var b = options.b; // -> 'b'
}]);

 

AngularJS URLを設定するときにunsafe: がついてしまう対策

AngularJSで, 例えばaタグの href (ng-href) にURLなどを設定しようとすると, URLのプレフィックスに “unsafe:”が付加されてしまい, URLとして機能しなくなります (AngularJSとしては, フェールセーフな設計としているからでしょう).

もちろん, (ほとんどの場合) 余計となる “unsafe:”のプレフィックスを除去する設定があります.

例えば, http(s) と data: (Data URL) だけは許可したい場合, configメソッドで以下のように指定します.

 xsound.config(['$compileProvider', function($compileProvider) {
    // 許可したいURLのリストを正規表現で指定する
    $compileProvider.aHrefSanitizationWhitelist(/^\s*(https?|data):/);
 }]);

AngularJS ng-optionsディレクティブ

ng-optionsディレクティブはselectがもつoptionやoptgroupを動的に作成する場合に便利なディレクティブです.

基本的な構文は,

値 as ラベル group by グループ for 1要素 in ハッシュの配列

もっとも, optgroupが不要だったり, ラベルと値が同じ場合はそれぞれ, group by グループ / as ラベルを省略しても大丈夫です.

ただし, ng-optionsディレクティブを機能させるには必ずng-modelディレクティブが必要っぽいです. これはハマってしまったのでみなさんご注意を.

AngularJS ng-show / ng-hideディレクティブを利用するときの注意点

ng-show / ng-hideディレクティブは単純でありながら, 使いどころが非常に多くて重宝するディレクティブです.

しかしながら, CSSでdisplay : none を指定していると, モデルを変更しても非表示のままになってしまうのでご注意を !!

jQuery UIのコンポーネントをAngularJSのカスタムディレクティブでラップしてみた

jQuery UIのコンポーネントといっても数が多いので, とりあえず, 自分がよく利用する, Slider / Spinner / Dialog の3つを, AngularJSのカスタムディレクティブを利用してラップしたモジュールを作成してみました.