NetBeansのメモリ使用量を増やす (Mac OS X)

1. まずはアプリケーションのアイコンにアクセスしてコンテキストメニューを開く

2. コンテキストメニューの「パッケージの内容を表示」を選択

NetBeans コンテキストメニュー
NetBeans コンテキストメニュー

3. Contents/Resources/NetBeans/etc/netbeans.conf を開く

4. L46 あたりの 「-J-Xms32m 」を 「-J-Xms256m」とかに変更して保存する

以上です.

Web Components x-pianoのレスポンシブ対応

前々から構想していた, x-pianoのレスポンシブレイアウト対応をついに実装しました.

<x-piano responsive></x-piano>

x-pianoタグにresponsive属性を記述することで, ブラウザ幅に応じてレイアウト (ピアノの鍵盤数が変化します)

デモはこちらです.

Web Components x-piano のアップデート

久々のアップデート

今回のアップデートでサウンド生成・停止のためのイベントをトリガーできるようになったので, ユーザーの操作だけでなくプログラムからもサウンド生成可能になりました. MMLによる自動演奏などに利用できると思います

Action Audio APIのモジュール追加

ActionScript 3.0でWeb Audio APIをシミュレートするライブラリであるAction Audio APIに, AudioBuffer.as と AudioBufferSourceNode.as を追加しました.

また, AudioContextインスタンスにdecodeAudioDataメソッドも追加しました.

使い方はほとんどWeb Audio APIと同じです. ただし, decodeAudioDataの第1引数にはSoundインスタンスを指定します.

import flash.events.Event;
import flash.media.Sound;
import flash.net.URLRequest;
import audioapi.AudioContext;
import audioapi.AudioBuffer;
import audioapi.audionodes.AudioBufferSourceNode
import audioapi.audionodes.GainNode;

var context:AudioContext = new AudioContext(stage.frameRate);

trace(context.sampleRate);

var gain:GainNode = context.createGain();

var sound:Sound = new Sound();

sound.addEventListener(Event.COMPLETE, function(event:Event):void {
    context.decodeAudioData(sound, function(audioBuffer:AudioBuffer):void {
        var source:AudioBufferSourceNode = context.createBufferSource();

        source.buffer = audioBuffer;

        source.connect(gain);
        gain.connect(context.destination);

        source.start();
    }, function():void {
    });
}, false, 0, true);

sound.load(new URLRequest('sample.mp3'));

Web Audio API解説サイトのグローバルナビゲーションのリニューアル

Web Audio API解説サイト WEB SOUNDERのグローバルナビゲーションのリニューアルしました.

リニューアルポイントは,

  • テキスト部分を画像ではなくテキストにしてフォントの変更に柔軟に対応できるようにする
  •  画像のRetinaディスプレイ対応

ぱっと見た感じではそんなに変わりませんが…

これでいよいよ, 最終章のデバイス連携の記事を書いていく準備が整いました,