Node.js + React で SSR ~ SSR の実装 ~

Overview

前回の記事で SSR の環境を構築できたので, さっそく, React を利用した簡単な SSR の実装をしてみましょう.

1. Install packages

$ npm install --save react react-dom babel-cli babel-core babel-preset-es2015 babel-preset-react express

前回の記事でも述べましたが, 本来は –save-dev でインストールすべきパッケージも –save でインストールしていることに注意してください (Heroku のデプロイで dependencies のパッケージがインストールの対象とならないので).

2. Implement React Component

SSR で利用する, React コンポーネントを実装します. といっても, とりあえず <h1 /> で Hello SSR と表示する単純なコンポーネントです.

components/App.js

import React, { Component } from 'react';

export default class App extends Component {
    render() {
        return <h1>Hello SSR</h1>:
    }
}

また, ビルド後の App.js は, ルート直下の App.js にデプロイすることにします.

3. Implement render function

前回の記事では, express のルーターに直接レンダリング処理を記述していましたが, それだとコードの見通しがよくないので, SSR をする専用の関数を実装します.

render.js

const React          = require('react');
const ReactDOMServer = require('react-dom/server');
const App            = require('./App').default;

function render(req, res) {
    const content = ReactDOMServer.renderToString(React.createElement(App));
    const html = `<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <title>Hello SSR</title>
</head>
<body>
    <section id="app">
        ${content}
    </section>
</body>
</html>`;

    res.status(200).send(html);
};

module.exports = render;

ポイントは, ReactDOMServer.renderToString でコンポーネントを HTML 文字列に変換している処理です. あとは, その文字列を HTML に埋め込むだけです.

render 関数が実装できたので, app-server.js を以下のように書き換えます.

app-server.js

'use strict';

const express = require('express');
const app     = express();
const path    = require('path');
const render  = require('./render');

const port = process.env.PORT || 8080;

app.use(express.static(path.join(__dirname, 'public')));

app.get('/', (req, res, next) => {
    render(req, res);
});

app.listen(port, () => {
    console.log(`Listening on port ${port} ...`);
});

4. npm scripts

package.json に以下のスクリプトを追加します.

  // ...
  "scripts": {
    "build": "babel components/App.js --out-file App.js",
    "start": "node app.js"
  },
  // ...

5. Edit Procfile

Procfile を以下のように変更します.

web: npm run build && npm start

 

以上で, SSR の実装ができました. 変更したファイルをすべてコミットして,

$ git push heroku master

を実行し, https://nodejs-ssr-sample.herokuapp.com/ にアクセスして, 「Hello SSR」が表示されていれば OK です.

ちなみに, SSR された HTML のソースは以下のようになっています.

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <title>Hello SSR</title>
</head>
<body>
    <section id="app">
        <h1 data-reactroot="" data-reactid="1" data-react-checksum="-601091822">Hello SSR</h1>
    </section>
</body>
</html>

コメントを残す